抜髄さるる!(閲覧やや注意)

Pocket

ニコロの新保です。

 

前回からの続きです!

では実際の治療経過を写真でご紹介いたします☆

IMG_2186IMG_2184

↑ どうも皆さん、「まな板の鯉」ことニコロの新保です☆

金曜手伝いに来てくれている先生がとても優しく丁寧に治療してくれています。

 

IMG_2206

↑ さ、写真右側、口の中でいうと右上奥の親知らずですね。

奥の方からムシ歯になっております。

 

IMG_2207

↑ 歯の真上からガリガリと削っていき、前回お話した歯髄まで到達しました!

真ん中のボヤっとした穴の中に、モヤ~っと見えているんだかいないんだかわからない半透明のモノが歯髄です☆

ムシ歯が大きくて歯髄に炎症が起きている場合はもっと真っ赤に充血して、穴に達するとドバっと出血してきます。

 

 

IMG_2208

↑ はい、歯髄の入っている穴全部をキレイにするとこんな感じです。

まだ先っちょに歯髄が残っています。

穴の真ん中やや上方ちょっと赤みが見える白いもやっとしたモノが歯髄です。

 

 

IMG_2357

↑ さらに器具を使って、歯髄を完全に取り除きます。 取り出した歯髄のイメージ図

とぅるとぅるした半透明の線維です。

虫みたいなんで、昔は歯虫と呼ばれていました。

 

 

IMG_2209

↑ 仮の蓋をして今回は終了。

次回一応麻酔をして根の詰め物をしたら、根っこの治療は無事終了。

おつかれさまでした!

 

 

まじめな事を書きすぎてめまいが・・・・うぅ

 

 

 

痛くないけど治療されるの慣れてないので怖かったです。

患者さんの気持ちがわかり、より一層優しくなろうと心に決めた一日でした。

治療してくれた早川先生はとても優しく丁寧なので、私のような顎鬚もっさい男性ドクターが怖い患者さんにもおススメの先生です☆

 

ではまた☆

 

投稿者: | カテゴリー: 未分類

パーマリンク

コメントは受け付けていません。